鼻水、くしゃみ、鼻づまりの原因となる疾患

尼崎市大島1-1-1
尾上医院耳鼻咽喉科
1F 耳鼻咽喉科
2F 皮膚科内科

1F 総合受付
調剤薬局

診療時間


地図  駐車場 



院内設備 



飾り
                                   

アレルギー性鼻炎
アレルギー性鼻炎の症状には、鼻水、くしゃみ、鼻づまり、眼、鼻の痒みなどがあります

。アレルゲン(アレルギーの原因)が 鼻の中の粘膜に触れるとアレルギー反

応が生じて、鼻水が多量に分泌され、鼻の粘膜が腫脹し空気の通り道が狭くなります。

ハウスダスト ダニに反応していれば通年性の鼻炎、季節性であれば春や秋のみに鼻炎を生じることになります。

また朝夕の温度差により鼻閉症状が現れる血管運動性鼻炎もあります。

アレルゲンと接することにより症状が出るので、まずアレルギーの原因が何かということを調べて、 防御もしくは除去することが大事です。

皮内テストや血液検査からアレルギーの原因がわかるので検査をして自分のアレルゲンを確認することが重要です。

治療は抗アレルギー剤の内服、点眼、点鼻スプレーの併用などを行います。症状がひどい時にはステロイド剤が含まれている内服、点鼻薬を使用します。

これらの治療 はあくまでアレルギー反応を抑えることにより症状を緩和するものなので 、アレルギー体質が治る訳ではありません。

しかし、アレルギーの原因を除去し、薬で 症状を抑えることにより快適な日常生活を送れるようになりますので、有効な治療と言えます。

肥厚性鼻炎 

鼻の中の粘膜が腫れて、鼻の空気の通り道が狭くなった状態で、常に鼻で呼吸がしにくい状態です。特に鼻の一番下にある下鼻甲介というヒダが腫れます。原因としてはダニなどの通年性アレル ギーによるもの、点鼻薬の乱用によるものなどがあります。

(治療) 手術治療により鼻の通りをよくします。

鼻中隔弯曲症                            

   鼻の真中の仕切りが曲がった状態です。誰でも成長の過程で曲がってくるのですが、その程度が極端であると鼻づまりの原因となります。

(治療)

薬などでは治らないため、症状の改善のためには手術を行うことになります。

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

急性副鼻腔炎を繰り返すと、鼻腔と副鼻腔との間の交通路の粘膜が厚くなって、常に副鼻腔に膿が溜まったままとなります。

 この状態が長く続くと、粘膜の肥厚 がさらに強くなり、鼻の中にポリープ、鼻茸(はなたけ)が伸びてきて、鼻の空気の通り道を塞いでしまい、鼻で息がしにくくなります。さらにすすむと、においがしにくくなったりします。
(治療)

 初期には抗生物質の内服治療と、ネブライザー吸入療法(薬剤を粒子状にして鼻内に噴霧)で軽快しますが、ポリープがあるときには手術が有効です。以前は歯肉 の上を切って、頬の骨を削る手術を行っていましたが、現在は鼻の中から内視鏡を使用して手術を行うことができるので、患者さんの苦痛が少なくなっています。                     

急性副鼻腔炎
風邪を引いたり、鼻炎がすすむと、副鼻腔という顔の空洞に膿が溜まります。副鼻腔の奥の方まで膿が溜まり、黄緑色の鼻水やのどに鼻水が流れ、咳が続いたりします。

膿が頬に溜まれば頬部痛を起こし、眼の 周りに溜まれば眼の付け根が痛くなり、額(前頭洞)や脳のすぐ下(蝶形洞)に溜まれば頭痛を起こします。内服治療で改善できるので早めに耳鼻咽 喉科を受診してくだい。

(治療 )  内服治療、炎症が強い場合は点滴加療を行います。

 
 



Copyright(C) Onoe iin)