鼻血の原因となる疾患

尼崎市大島1-1-1
尾上医院耳鼻咽喉科
1F 耳鼻咽喉科
2F 皮膚科内科

1F 総合受付
調剤薬局

診療時間


地図  駐車場 



院内設備 



飾り

鼻出血 
鼻血が出る場所は、ほとんどが鼻の入り口の内側(キーゼルバッハ部位)からです。

 鼻を強くかんだり、いじったりする刺激で粘膜から出血します。特に空気が乾燥している冬場に多い傾向があります。

止血方法 は、綿球、ティッシュなどを鼻に入れ、指で強く押さえます。上を向くと血を飲み込んでしまうので、下を向いて、口に流れた血は全て吐き出してください。 30分たってもとまらないようなら耳鼻咽喉科を受診し、止血してもらいましょう。

また脳梗塞後や心筋梗塞治療後に抗血小板薬を内服されている方は止血が困難な場合があります。

(治療)

出血部位に薬をぬって止血します。
それでも止まらない場合は焼灼止血します。

                           

鼻咽頭がん
出血性の腫瘍(血管腫、悪性黒色腫)、増大傾向を示す腫瘍(乳頭腫)、においの神経にできる腫瘍(嗅神経芽細胞腫)など色々あります。

頬部の痛み・腫脹・出血を繰り返している場合は上顎洞の癌をまず疑います。悪性のものの場合、早期発見、早期治療が重要ですので早めに耳鼻咽喉科を受診してください。   


鼻咽頭腫瘍
鼻 副鼻腔腫瘍

一般的に副鼻腔癌はかなり進行するまで自覚症状を呈しない。従って発見されたときにはステージV、IVの進行癌が多い。

一方鼻腔癌は比較的早期から症状が出やすい。

a)鼻腔癌:

  早期に鼻閉、血性鼻漏などの鼻症状を呈する。

  篩骨洞に浸潤すると流涙、眼球偏位、内眼角部の腫脹が出現。

b) 副鼻腔癌
@上顎洞癌:

 腫瘍の進展方向により症状が異なる。

  また腫瘍の進展方向の内眼角から下顎角を結ぶ線を想定(Ohngren 線;Line of malignancy)し、この線より上方の眼窩、 頭蓋底に進展する上方型と、口蓋、歯槽骨に進展する下方に分類する。

A篩骨洞癌:

  早期に眼窩内側壁を破壊して眼球突出や、流涙、複視などの

    眼球運動障害を生じたり、前頭蓋底に浸潤した場合は頭痛等

  をきたす。

B前頭洞癌:

    非常に稀であるが、初発症状としては、眼球突出、前頭部腫脹

    があり、前頭蓋底に浸潤すると頭痛をきたす。

C蝶形骨洞癌:

  解剖学的に海綿静脈洞に近接しているため、視神経、外転神経

   動眼神経、滑車神経、三叉神経などの脳神経症状を早期からき

 たす場合が多い。

 
 



Copyright(C) Onoe iin)